生産者さん紹介31
そよかぜ館にいちごを出品されているしもむら農園さんの栽培ハウスにお邪魔しお話を伺いました。
いちごの栽培を始めて35年になられ、下村さんは2代目になられるそうです。
(いちご生産者:下村さん↓)
しもむら農園さんのいちごの栽培ハウスは900坪あり、3月から苗作りを始め9月に植えて、11月後半から収穫を始め、5月までの収穫を予定されています。
多い日には1日で500パックほど作る日もあるそうで収穫とパック詰めの作業がとても大変とお話しされていました。
いちごは種類にもよるそうですが1つの苗から100個ほどの実がなり、しもむら農園さんの年間の収穫量はなんと約15トンになるそうです。
減農薬栽培や土と水に微生物を入れているのが下村さんのごだわりで、微生物を入れることでいちごに艶がでて糖度も高くなり、大きないちごが収穫できるとお話しされていました。
4月ごろになると地元の保育園のみなさんがいちご狩りの体験に来られるそうです。
今年からは新品種としてよつぼしという品種にチャレンジされています。
2018年02月03日
生産者さん紹介30
そよかぜ館に原木しいたけやそのしいたけを使った乾燥しいたけ、しいたけのパウダーを出品されている畑瀬清実さんのハウスにお邪魔し、お話を伺いました。
(原木しいたけ生産者:畑瀬清実さんご夫婦↓) 清実さんは原木しいたけを作り始めて今年で5年目を迎えられます。
栽培敷地面積は1丁ほどで、作業は夫婦2人で行われていました。
しいたけの収穫時期は10月~4月までですが今年は気温が高い日が続いたため収穫が遅れているそうです。
収穫がもっとも多い時には1日で300㎏ほど収穫する日もあるとお話しされていました。
清実さんのこだわりは、農薬を一切使用せず栽培されていることや自然の雨にうたれないようにハウスで栽培されていることです。
食感や香りがよく大きいしいたけ作りを心がけていらっしゃる清実さんの原木しいたけをぜひご賞味ください。
2017年12月08日
生産者さん紹介28
そよかぜ館につるむらさき、エンサイ、ナス、芋づる、オクラ、九条ネギなどの野菜を出品されているスローWORK大和さんの畑を見学させていただき、お話を伺いました。
スローWORK大和さんは就労継続支援B型事業所さんで7年ほど前より障害を持っている利用者のみなさんと野菜の栽培を行われています。
(つるむらさき生産者:スローWORK大和のみなさん↓)
農地の敷地面積は1丁ほどあり、スタッフ9名と利用者さんの23名で作業されており、毎日朝9時から収穫と袋詰めを行われています。
年間を通して365日作業ができるように季節ごとにたくさんの野菜を栽培されていて、その種類は年間200種類以上になるそうです。
栽培されている野菜はすべて種から苗を作られていてお客様が求められている野菜を作るように心がけていらっしゃいます。
芋づるやつるむらさきはゆがいてサラダやきんぴら、天ぷらがおすすめです。
2017年10月01日
生産者さん紹介27
トマト、ナス、ピーマンなどの野菜とお米を出品されている佐保正喜さんのハウスを見学させて頂きました。
正喜さんは野菜作りを始めて今年で35年になり、栽培敷地面積は野菜で20a、お米は120aほどで作業はすべて正喜さん一人で行われています。
(トマト・ナス・ピーマン生産者 佐保正喜さん↓)
夏場の作業は朝早くから夜まで作業をされていて、ナスの収穫は多い時で1日200㎏ほど収穫を行われているそうです。
こだわりは、冬季に行う水による土壌消毒をすること。
水での土壌消毒を行うことにより連作障害を防止したり、越冬する病害虫の除去、残存肥料や農薬の洗い流しなどを行うことができます。
現在は新たに生姜の栽培を行われており、10月頃より収穫、出品予定をされています。
2017年09月08日
生産者さん紹介26
そよかぜ館に桐岡ナスを出品されている多久市にお住いの舩津徹哉さんの畑にお邪魔し、お話を伺いました。
徹哉さんは桐岡ナスの栽培を始めてから今年で10年になるそうです。
(桐岡ナス生産者 舩津徹哉さん↓)
朝は5時から収穫を行い、管理作業のほとんどは徹哉さん一人で行われているそうです。
桐岡ナスの栽培を始めたきっかけは、多久の伝統野菜を栽培してみたいと思い始められたそうで、現在は10aほどの敷地面積で栽培を行われています。
桐岡ナスの特徴は他のナスに比べて大きく、アクが少なくやわらかいのが特徴です。
また、実を太くするため他のナスより収穫日数が長く、病気にも弱いため気を遣うそうです。
減農薬で有機栽培を心がけて大切に育てていらっしゃる多久の伝統野菜『桐岡ナス』をぜひ食べてみてください。
2017年09月06日
生産者さん紹介25
アールスメロンやブロッコリーなどの野菜を作られている田中勝基さんのハウスにお邪魔しました。
勝基さんは農業を始められて50年になられ、毎朝5時から勝基さんと奥様の2人で作業されています。
(アールスメロン・ブロッコリー生産者 田中勝基さん↓)
三瀬村の標高380mのところにハウス7棟でアールスメロンの栽培を行われています。
昔は三瀬村でメロンを栽培されている農家さんが他にもいらっしゃったそうですが現在では勝基さんだけになってしまったそうです。
有機栽培にこだわられており、その中でも土(堆肥)には特にこだわりがあるそうです。
メロンは1つの苗に1つしかメロンが実りません。また、交配という作業があり1つ1つ手作業で行わなければいけないためとても大変な作業とお話しされていました。
現在、そよかぜ館にアールスメロンを出品されていますのでこの機会にぜひご賞味ください。
2017年08月03日
生産者さん紹介24
そよかぜ館にピーマンやしいたけを出品されている佐藤等さんのところに伺い見学させていただきました。
等さんはお父さんから農業を引き継いで今年で30年になり、基本的には等さんと奥様の2人で作業をされているそうです。
(ピーマン・しいたけ生産者 佐藤 等さん↓)
ピーマンの栽培敷地面積は13aあり標高が320mの場所で栽培されています。
しいたけは1丁ほどの面積で、年間で3000~4000本の菌を植えていらっしゃいます。
等さんのこだわりは堆肥や牛ふんを1トンほど使い、有機肥料と組み合わせて土を作ること。
農薬をなるべく使わない栽培を心がけて、大切に育てられています。
ピーマンの出荷は6月~11月(最盛期は8月)で、しいたけは夏のしいたけが6月~10月、秋のしいたけが11月~4月を予定されています。
2017年07月18日
生産者さん紹介23
生きくらげや菌床しいたけを出品されているともしびファームさんに栽培ハウスを見学させていただきました。
(きくらげ・しいたけ生産者 ともしびファームのみなさん↓)
ともしびファームさんは生きくらげや菌床しいたけの栽培を始めて今年で6年目を迎えられ、当初きくらげの栽培は県内で初めてだったそうです。
生きくらげは5月~9月、菌床しいたけ9月~3月、乾燥きくらげは年間を通して出荷されています。
きくらげは菌を使った栽培方法で水と湿度の管理を行い、水は地下水を利用し無農薬で栽培されています。
ハウス内の湿度の管理が重要で、きくらげに適した湿度管理を行うのがとても大変とおっしゃられていました。
また、きくらげはコラーゲンがたっぷりと含まれており女性の方におすすめです。
2017年07月13日
生産者さん紹介22
きゅうりやスイートコーンを出品されている江頭保直さんのハウスにお邪魔して、お話を伺いました。
(きゅうり・スイートコーン生産者 江頭保直さん↓)
保直さんは農業を始めて今年で30年を迎えられ、ビニールハウス7棟(600坪)できゅうり・スイートコーンを栽培されています。
きゅうりの収穫は4月~1月の期間行われ、多い日にはコンテナ30個分の収穫、出荷を行われています。
スイートコーンは今シーズン1000本ほどの収穫を予定されていて、毎朝4時からひとつひとつ手作業で収穫を行われています。
保直さんのこだわりは消毒の回数を減らしていることと、土づくりを大切にしているとお話しされていました。
保直さんと奥様が毎日大切に育てて出品されている、きゅうりとスイートコーンをぜひご賞味ください。
2017年07月09日
生産者さん紹介21
そよかぜ館に年間を通して季節にあったさまざまな野菜を出品されている納富ヨウ子さんの畑を見学させていただきました。
ヨウ子さんはご主人と二人で農作業をされていて、今年で30年目を迎えられます。
(玉ねぎ・じゃがいも生産者 納富ヨウ子さん↓)
農地の面積は畑が3a、田んぼが1丁2反ほどあり、7月は玉ねぎやじゃがいも、かぼちゃ、とうがん、らっきょう、にんにくなどの野菜を出品されています。
(玉ねぎ↓)
(じゃがいも↓)
農作業は天候に左右されるため、毎日野菜を観察し状態をみながら栽培を行われています。
お客様にほかにはないような珍しい野菜を作ったり、安心・安全で喜ばれるような野菜を作り続けたいと話されていました。
(らっきょう↓)
(にんにく↓)
2017年07月08日
1 / 3123