フリーマーケット受付について
そよかぜ館春祭り“フリーマーケット”のご案内。
その会場において“フリーマーケット”を4月16日(日)に1日間実施し、そよかぜ館春祭りを盛り上げたいと考えております。
日時 平成29年4月16日(日)
受付時間 午前8:00~午前9:00  販売時間 午前10:00~午後16:00
開催場所 「道の駅」大和そよかぜ館
出店要領 ・出店資格 高校生を除く18才以上の方(初心者、素人さん歓迎)
・店舗   間口2m×奥行2m(1コマ) コマ数15区画限定
・出店場所 当日受付順に主催者側で決定させていただきます。
・出店料金 1000円(1コマにつき※当日徴収します)
・商品   陶器、洋服、雑貨、手作り品等でも可 (※但し、食品は除く)
・申込締切 4月12日(水)必着ただし募集枠15コマになり次第締め切らせて頂きます。
注意事項別紙の注意事項を厳守して下さい
出店依頼・問い合わせ先
佐賀県佐賀市大和町大字梅野805番地
「道の駅」大和そよかぜ館
TEL 0952-64-2296 FAX 0952-64-2297
担当:そよかぜ館 石橋・吉田までお願いいたします。
申し込み前に現在の空き状況をお電話にてご確認ください。

フリーマーケット案内・ フリーマーケット申込書・ 注意事項
2017年04月01日
生産者さん紹介17
そよかぜ館に野菜を出品されている社会福祉法人西九福祉会のワークス山王さんに伺い、担当の江口慎一さんに畑を案内していただきました。
ワークス山王さんでは知的障がいのある人たちが「自立と自活」を目標に米、麦、野菜類のアグリ作業などによる訓練を行われています。
今は江口さんを含む指導員3人と知的障がいがある方4人の計7名で作業されていました。
(チンゲンサイ・ブロッコリー生産者 ワークス山王スタッフの江口慎一さん↓)
現在、そよかぜ館にはほうれん草・チンゲンサイ・ブロッコリー・にんじん・ごぼうを出品していただいています。
こだわりは、失敗しながらも試行錯誤しながら野菜をきれいに栽培すること。
夏野菜は毎年順調で、特にうりとオクラが出来が良くおすすめと話されていました。
さらに今年の夏はメロンととうもろこしを出荷する予定にされているそうです。
2017年03月26日
そよかぜ館春祭り開催
今年もそよかぜ館春祭りを開催いたします。

~イベント内容~
・たけのこ釜茹で販売
・ヤマメのつかみどり(小学生以下・先着順)
1回目 受付時間10:00 開始時間11:00
2回目 受付時間12:30 開始時間14:00
・ヤマメの塩焼き販売
・バーベキュー ¥500
お肉(国産和牛)・野菜・ごはんのセット(300食限定)
・手作り豚汁販売(数に限りがあります) ¥200
・もちつき(数に限りがあります) ¥100
・フリーマーケット 1区画 ¥1000
15区画限定 受付は4月1日(土)~4月12日(水)必着ただし、募集枠15区画になり次第締め切らせて頂きます。

日時 平成29年4月16日(日) 10:00~16:00 ※小雨決行
お問い合わせ 「道の駅」大和そよかぜ館 電話番号0952-64-2296
※お祭り当日は混雑・渋滞が予想されますので、巨石パーク臨時駐車場をご利用ください。無料シャトルバスを運行しています。
2017年03月25日
生産者さん紹介16
とまとやきゅうりを栽培されている納富宗一郎さんのハウスにお邪魔し、お話を伺いました。
宗一郎さんはとまと・きゅうりの栽培をはじめて今年で23年。そよかぜ館へ野菜を持ってこられているお父さんは40年になるそうです。
(とまと・きゅうり生産者 納富宗一郎さん↓)
作物の管理は宗一郎さん、奥様、お父さん、お母さんの家族4人で行われており、午前中はおもに収穫作業、午後は剪定・水やりなどの管理作業や袋詰めの作業を行われています。
ハウスでの栽培は温度管理・湿度管理・水やりの作業がとても大変で常に1人はハウス内にいるようにして日々の管理を徹底されていました。
毎日コツコツ作業して、分からないことがあれば勉強をしての繰り返しだそうです。
試行錯誤しながら栽培を行い、良いものが出来て収穫した時や出荷した野菜をお客様に購入していただいた時の喜びがいつでも忘れられないと話されていました。
2017年03月17日
生産者さん紹介15
古代米やそば粉・しし肉・大根・たまねぎなどの野菜を出品されている西山田農園さんの畑にお邪魔しました。
西山田農園さんは、農業体験や観光農園を行われており、そば打ち体験やブルーベリー・ぶどう・みかん狩りや落花生・じゃがいも・さつまいも掘りなど季節に応じて様々な体験ができます。
西山田農園さんは平成17年にスタートされ、農作物は栽培を始めて今年で8年目。
(古代米・そば粉・しし肉・大根・たまねぎ生産者 西山田農園さん↓)
朝8時からスタッフ4名で作業を始められ、現在はたまねぎ・じゃがいも・さつまいもの管理作業、ブルーベリー・ぶどうの剪定作業や大根の漬物の仕込みを行われていました。
こだわりは有機肥料を使用すること! 有機肥料とはいわゆる発酵肥料の“ぼかし”のことでおいしい野菜作りには欠かせないそうです。
西山田農園のスタッフのみなさんが心を込めて育てた野菜をぜひ皆様も食べてみてください。

ぼかしとは:有機肥料を微生物によって発酵させて植物に吸収させやすくしたもの

2017年02月23日
生産者さん紹介14
そよかぜ館にナス・トマト・長ねぎなどの野菜を出品されている島崎栄さんのハウスにお邪魔し、奥様の美恵子さんにお話を伺いました。
栄さんは高校卒業後から農業を始められ、今年で50年を迎えられます。
(ナス・トマト・長ねぎ生産者 島崎美恵子さん↓)
朝5時から奥様の美恵子さんと一緒に作業を始められ、収穫から出荷まで分担してスムーズに作業を行われています。
10年程前からは微生物の力をかりて野菜を育てることに取り組まれているそうです。
土作りでは肥料を栄さん自ら配合して作られており、野菜のえぐみをなくすためアミノ酸を多く含む肥料になるよう調整されています。
また、全国で行われている野菜の勉強会などにも積極的に参加されていて、学んだことや農家仲間から教えてもらったことを実践して良い野菜が収穫できるよう、日々試行錯誤の繰り返しだそうです。
2017年02月21日
生産者さん紹介13
おはぎを出品されている名尾娘の大石スマ子さんにお話を伺いました。
大石さんおはぎ1 大石さんおはぎ2 スマ子さんはそよかぜ館におはぎの出品を始めて今年で14年になられます。
(おはぎ生産者 大石スマ子さん↓)
大石スマ子1 朝は3時に起きて4時からおはぎの仕込みを始められているそうです。
作業はスマ子さん、旦那さん、息子さん、お手伝いの方2人の計5人で行われています。
おはぎに使用されているもち米は自家栽培で、あずきは北海道の十勝帯広産を使用されていてよい品質のものだけを使われています。
大石さんおはぎ3 作業の中でも、もち米を炊く作業やあんこを作る過程では季節や気候の変化の違いで出来上がりに差が出来てしまうのでこまめな調節をしながら作業されていました。
ぜひスマ子さんが丹精込めて一つ一つ手作りされているおはぎを食べてみてください。
2017年01月27日
メガモッツのお二人が来店
サガテレビのかちかちプレスメガモッツのわらしべ長者の旅の取材でお笑いコンビ”メガモッツ”のお二人が来店されました!
2017.1カチカチプレスメガモッツのわらしべ長者の旅2
放送局   サガテレビ
番組名   かちかちプレス
放送時間  毎週月曜日~木曜日 16:20 ~ 19:00
      毎週金曜日     15:50 ~ 19:00
コーナー名 メガモッツのわらしべ長者の旅

放送予定日は2月2日(木)もしくは3日(金)のどちらかを予定をされているそうです。
ぜひご覧ください!!
2017年01月23日
恵方巻予約受付第二弾
前回のブログにて京すしさんと大八寿司さんの恵方巻をご紹介しましたが、今回は新たに豚八さんに出品していただくことが決まりましたのでご案内いたします!
豚八さんの恵方巻↓
豚八2 豚八1 豚八3 具材:黒豚・玉子・レタス・胡瓜を予定されています。
販売価格 500円(税込み)

申し込み方法 「道の駅」大和そよかぜ館へご来館頂き申込書をご記入ください。
ご予約締切  1月30日(土)
商品お渡し日 2月2日(火) ~ 3日(水)

皆さまも今年の幸運を招く北北西を向いて恵方巻をまるかじりされてはいかがでしょうか。
お申込みお待ちいたしております!
2017年01月23日
恵方巻予約受付第一弾
2月3日は節分です。そよかぜ館では現在、恵方巻の予約を受付中です!
2017年の恵方は北北西です。
京すしさんの恵方巻↓
京寿司2 京寿司 具材:玉子・かんぴょう・おぼろ・椎茸煮・牛蒡・三つ葉を予定されております。
販売価格 500円(税込み)

大八寿司さんの恵方巻↓
大八寿司2 大八寿司 具材:玉子・かんぴょう・おぼろ・椎茸煮・胡瓜を予定されております。
販売価格 450円(税込み)

申し込み方法 「道の駅」大和そよかぜ館へご来館頂き申込書をご記入ください。
ご予約締切  1月30日(土)
商品お渡し日 2月2日(火) ~ 3日(水)

皆さまも今年の幸運を招く北北西を向いて恵方巻をまるかじりされてはいかがでしょうか。
お申込みお待ちいたしております!
2017年01月18日